看取りについてお話してきました。

医療コーディネーション講座

医療コーディネーター協会主催の講座で、『看取り』についてお話させていただきました。

「病院で死ぬということはどういうことか」また、「ターミナルの方に医療者はどのように関わろうとしているか」という視点でお話しました。

この機会を頂いて、私は『看取り』ってどういうこと?と言う疑問を感じ、日本の文化から『看取り』について調べました。

日本古来独特の風習があり、それが変化したのは、法律が変わってきたことにより、日本人の家族、家庭などが影響され従来の『看取り』の教育が家族・家庭から医療者へと変わっていったことを知りました。

今、私達が生きている環境の中で、最期をどう迎えるかということを一人ひとりが考えていくことも大切なんだと思いました。

『あなたの大切な時間を一緒に考えてみませんか』

 

PAGETOP